ファッション・アクセサリ

2005/10/23

madre

今朝早く7時半頃、母が出かけようとして慌ててる物音で目が覚めたので、二階から話しかけた。

「ん? 出かけんの?」
「今日は○○さんと映画を観に行くの」
「なに観んの?」
「……『耳の中の消しゴム』とかいうやつ」

で、母はバタバタと駆けって出て行った。


‘耳の中の消しゴム’は…………とっとと耳鼻科に行ってさっさと除去してもらえっつう話だよな。……母さん、貴女が観に行くってのは『私の頭の中の消しゴム』なんだろ?

さて。夕方、母帰宅。
「今日は早く着いちゃって」だの、「○○さんとこの△△君がお見合いするんですって」だの、「六本木の、例の、ほら、あのビルに行って来たのよ」だの、いろいろと話しながら上着を脱いだりズボンを穿き替えたりしてる。私は、「あぁ」「ん」「うん」と、新聞を読みながら聞いて(るフリをしてい)た。

何気なく顔を上げ、母を見た。ジャケットはすでに脱ぎ、セーター姿になっている。まだなんだかんだと今日一日のできごとをしゃべってくれている。「あぁ」「ん」「うん」と私は聞いてい(るフリをし続けて)た。次の瞬間、私は思い切り母のコトバを遮って質問したんだ。実に唐突なことを。

「お母さん、今日、そのセーターを着てったの?」「そうよ。今日はもう暑くって暑くって、ノースr …………」

私はまた遮ったよ。
「今日どこかでジャケット脱いだ?」「脱がなかったの。ノースリーブで歩いてる人もいt ……」

私はまた遮ったよ。
「脱がなかったんだね?」「脱がなかったのよ、暑かったんだけd ……」

私はまた遮ったよ。
「レストランでも脱がなかったんだね?」「脱がなかったのよ、今日はブラジャーを忘れt ……」

私はまだ遮ったよ。
「お母さん、今そのまま鏡を見て来な」「なによ」「いいから見て来な」「なによなによ」「いいから、そのまんまそーっと鏡んとこ行けって」「なによなによ」


「なによなによ」と言いながら鏡の前に立った母。「なんなのよ?」(怪訝)
051023_19310001.jpg


「もっと近く行ってよく見てみ」「なによなによ」


「それ、何だっつう」
051023_19320001.jpg

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/07/18

Yukata Party

スペイン時代の友人Tomásがつい最近までL.A.で暮らしていたのだが、L.A.で仲良しだったスペイン人男性二人がこのたび日本に赴任して。やや複雑なつながりだな。先日、その二人組からメールをもらいました。「僕達の家でゆかたパーティーをするからいらっしゃい」って。

私、どうせ浴衣を着るのなら髪型もやってもらいたい、どうせ髪をセットするなら顔も、そしてそこまでやるのなら写真におさめておきましょうということで、行って参りました、オプシス(クイック・ビューティ・フォト)プランタン銀座モード館の地下2階)。

Opsisのサイトには載ってないようなのだが、「ゆかたスペシャルメニュー」っていうお得なコースがある。14,700円。内容は、

・ゆかた着せてくれた
・ヘア
・メイク
・撮影
・手札(80×117)のサイズの写真2枚
・台紙一枚

これ、超お得なコースだと思う。8/31までなので、どぞどぞ。私、ゆかたコースのチラシやら「おともだち紹介チケット」みたいのやら、数枚もらってきました。これを持って行けば割引もあるのではないでしょうか。連絡ちょうだい。あるいは街で呼び止めてくれ、持ち歩くようにするから。


最初にゆかたスリップまで着替える。ここでヘア&メイクを始めちゃいます(浴衣を着ちゃってからヘア&メイクをすると、皺になっちゃうから)。髪と顔ができあがったら着付けます(※着せてくれました)。そして撮影。撮影は、もう、カメラマン氏に任せとけばいいから。彼の言う通りの部位を、言う通りの位置にポーズして、言う通りに微笑んでればあちらが「ソレ」という瞬間を切り取ってくれるから。もうね、こちらとしては何も考える必要無いですわ。

すべてが終わると、チェックシートというのをくれます。

上半身12ショット
Yukata Party

全身8ショット
Yukata Party

この紙とモニター画面を見ながら、買いたいショットを選びます。「これを、どの大きさで、○枚」って。それの選び方次第で総額が変わっていきます。写真の仕上がりは2週間後。取りに行くか、郵送してもらうか。

支払いも済ませてサヨナラする頃には、最初の試し撮りの一枚をパウチしてくれたのを記念にくれます。
Yukata Party

私がメイクしてもらってる時、隣の席に男の子が来たよ。眉毛カット(2,100円、15分)か。「男の子も来るの?」って私の係さんに聞いたら、けっこう来ますって。なるふぉどのぅ。どうですか>男性陣
___


さて、ゆかたパーティー。

何かおみやげを持ってお邪魔しないといけないわなぁということで、事前にお薦め品を情報収集してみた。銀座ならば木村屋はどうか、そこでクリームチーズ入りフランスパンを買ってみれとアドバイス受けました。

しかしながら、ゆかたを着てしまった後では、ほんの数ブロックなのに歩く勇気が出ず、断念しました。次回なにかそういう機会には是非購入したいところ。

さて、私はいよいよ彼らのお家に着きましたよ。えっと、スペイン人も日本人も男も女もみんないい人でした。スペイン人の女性陣は日本人の女性陣にゆかたを着付けてもらって大はしゃぎでしたよ。帯もみんなそれぞれ違うんだねぇなどと、みんなで後ろ姿を撮ったり。ホント、楽しかった。

(うずら嬢、今後はちゃんと36時間くらい前には御連絡さしあげます。今回は急な話で申し訳ありませんでした)


残念ながら人が写ったものはUPしませんから、食べ物写真ばっかりになってしまう。次から次へと作って配ってくれるんだわ。
Yukata Party Yukata Party Yukata Party Yukata Party Yukata Party Yukata Party Yukata Party Yukata Party Yukata Party

彼らは犬を飼っていました。ゆかたパーティーなので、犬もはっぴみたいのを着てました。「侍」って書いてありました。犬のボディとはっぴとが同じ色合いだったのでよく映せませんでした。可愛かったのに。残念。
Yukata Party


そして、彼らの家はうっとりするようなゴージャス空間でした。私もそんなにたくさんの人の家を知ってるわけではありませんが、そうなぁ……歴代2位3位の豪華さだったかなぁ。もう‘時効’だから言っちゃうが、しかも高田純次風に言っちゃうと、昔わたし某国の外交官???(※注 コメント欄)をやっつけたことがあるのですが、その人の家に匹敵するくらい豪華だった。やっぱ、日本に派遣されてくる外国人の住環境は良過ぎるよな。

っていうかね、彼らがお部屋をきちんと飾っているから尚のこと良かったのよね、きっと。お花だのキャンドルなどで満ちてたわ。
Yukata Party Yukata Party
____


そして洗面台にポンと置かれてたsolitario。
Yukata Party


実はsolitarioについては昨年書こうと思って、myソリタリオを写真に撮っておいたりもしたんだわ。

これは、スペインから帰ってくる時に機内持ち込みバッグで抱っこして帰って来た。ぜんぶ石でできてるからね、盤から玉から。割れちゃったら泣くからさ。向こうに住んでる時、好きだったんだよねぇ、ソリタリオ。

solitarioについて
Chinese Solitaire - Solitario Cinese
Il Solitario della Bastiglia
Matemáticas en solitario
Solitario
Solitaire

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004/06/30

manirrota

manirroto, ta = 浪費家、金遣いの荒い人ってことね。

mano(=) + roto(=動詞romper「壊す」の過去分詞

手に穴があいちゃってて、そこからお金がポロリポロリ出てっちゃうっていうイメージ……なのだろうか。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


このところの(そしていつか将来の)私の手の穴についてまとめておこうと思う。自戒。(※長いだけで、なにも面白くない日記になる予定)


(1)
3週間待って待って今日やっと携帯を買い換えました。A5406CA by CASIO

「入荷したらお電話します」って言われてたんだけど、待ちきれなくてこないだこっちからかけちゃった。で、「30日には」って言われたから、今日ウキウキ行ってみたの。

「クラウディパープル」で希望を出しといたんだけど、その色だけ発売が遅れるとかなんとかで、今日だと白と黒しか無いって言うの。7/3にはパープルも来ますって言うんだけど、それじゃダメなの。7/2に友達と会う予定なので、そのときに見せびらかせないと困るの

だってやっぱりね、私、待てない性分なんですから。5分だって待てないんだって前にも書いたとおり。

だから、黒買って来ちゃった。2万強。ほんとに黒で嬉しかったかどうかは今もよくわからない。


(2)
浴衣を見に行ったの。売り場のオネイサンがたっくさん説明してくれようとするから、「あたし、今日は買うつもりまったく無いから、説明してもらっても悪いから、他のお客さんに説明してあげて」って断った。あたし、説明される(=接客される)とダメなんだよ、その人に情が移るっていうかなんていうか。だから私には説明しないで欲しいのよ、放っておいてほしいのよ。

でも、いろいろ教えてくれて。なんだかんだでだいたいどれくらいかかっちゃうんですか?って訊いたら、「まずは45,000円はみといてください」って。

狂ってるな、夏業界。


(3)
なんで浴衣欲しがってるかって言ったら、具体的な理由が一つあるの。 

⇒ 浴衣着た写真が欲しいのよ。欲しいっつうか必要なのよ。

昨年は私、友人の結婚PARTYがあるたんびにOPSISで着飾りまくって化粧も髪の毛もたいへんな様子にしてもらって撮ってもらったので、いっぱいいっぱいそういう写真がたまってね。

それで昨年末いいこと思いついたのよ。まぁ、私の思いつく「いいこと」はたいていロクなもんじゃないんだけどね。


俺流カレンダー2004を作って友人関係に送りつけてやろう」って。「卓上サイズも作って、職場でも愛用してもらいましょう」って。「新築の友人には鬼門に貼り付けてつかう魔除けタイプも御用意しよう」って。


はりきって作り始めたんだけど、夏向きの写真が無くって困ったのよ。結局、夏っぽいページが作れないってことで俺流カレンダー2004作成は断念したの。そのときしっかりと刻んだのよ、浴衣購入アンド浴衣撮影はマストだなって。

だから。

だから浴衣(そして撮影)が必要なのです、レネ山。


OPSISでメイク&髪の毛やってもらって撮影してもらって6パターンくらいポーズを購入しちゃうとしめて2万

(※Hey, you, 1パターンでいいじゃんって思う?
1パターンで我慢するなんて無理だよ。
12ショットのうちから好きなポーズを選べって言われたら、1ポーズで気が済むわけないのよ。これも欲しい、あら、こっちもいいじゃないっつってね、結局5コも6コもポーズを選んじゃうわけ。そうすると2万に達するわけよ)


(4)
こないだすっごいすっごい仕事を頑張ってね。夜中に仕事が終わったとき、「よくやった、レネ山」って、心底思ってね。それで緊張が解けちゃったのかなんなのか、気づいたときにはドレスを注文しちゃってたのよ。

だって、すっごい叩き売られてるんだもん。ン万円のがン千円になってたのよ。それってあぁた何割引よ、って。だから「あ、買えってことなのかな」って。なぜかそう思えちゃったのよ。夜中の思考回路って恐ろしいよね。

……いつ着んだよ、それ。


(5)
そんな衝動買いのドレスが浮かばれる道と言ったら、誰かの結婚PARTYとかに呼ばれるしかないわけよ。

結婚PARTYに出席するためにかかるお金はさておき、またそこでほら、OPSISで撮影しちゃったら2万かかるでしょ。

Hey, you, 結婚PARTYだけおとなしく行っときゃいーじゃん・撮らずに済ましゃいーじゃん……って言いたい?

無理だと思うんだよね。新しいドレス着て撮っときたくなると思うのよ、どーせ、私のことだから。


(6)
っつうか、あれだね、近々メイクアップレッスンとか行く予定なんだよね。友人とお誘いあわせの上。60分 8,000円


(7)
その前に、COVERMARKで自分の「スキンアンダートーン」を知っておいたら?と友人に薦められたので、今日お店に行ってみたの。

オネイサン(=10歳くらい下かなぁ; すっげぇ可愛かった。むちゃくちゃにしてやりたいくらい可愛かった)がいろいろやってくれようとするからね、「あの、ほんっとにほんっとにきょうはわたしはなんにもかいませんから、いろいろやってくれなくてけっこうですよ、ホントわるいから」ってゆっくりはっきりと言ったのよ。

オネイサンに言ったんじゃなくて私自身に言い聞かせたのよ、それは。

でも、すげぇ可愛い子でね、オネイサン。あんなこともこんなこともやってくれちゃったわけ。

最後、「また今度来てくださいね♥」とか笑顔で言われちゃったら、もうなんつうか、「よーーし、おぢさん、買っちゃうぞ! 買ったげる、買ったげる」ってなっちゃってね。気分的には、もう、ネクタイをオデコに結わえちゃって千鳥足な感じ。

ついつい買っちゃったんだよね、スキンケアものを一点


一点しか買わないで帰ってこられたのは、理性の欠片がまだあったから。オネイサンのお薦めどおりに計算してもらったら、‘最低限’でも揃えようとしたら4万になりそうだったんだから。危ないところだった。


可愛いオネイサンは存在が罪だな。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


もう、ホントにイクナイ。いろいろと却下しなきゃいけない。ゆっくり考える。どれから削ったらいいか、いっしょに考えて欲しいです。


今日は、そんなわけで、使った分を少しずつでも取り戻そうと、スポーツ倶楽部にも行かずに仕事をすることにしました。って言いながらこんな冗文を……。ほんと、生き方そのものを反省したい。

| | コメント (9)

2004/06/25

informe 報告書

報告書って、いや、なに、こないだ購入したNuBraについて申し上げます。

うぅぅぅん、まぁ、いいんじゃないか?
たしかに装着した気分は上々ですよ。触り心地が気持ちいいというオプションも込みでね。AirLightを購入しなかった私ですが、ふつうのNuBraでも重さは特に気にはならないです。

まだ飛んだり跳ねたりはしてみてないので、激しい動きに耐えうるという宣伝文句の真偽までは確認できてないけども、まぁ、外れないんじゃないですかね。着けたときは不安だけど、着けてるうちに忘れてしまう。

着ける位置がよくわからないや、私はまだ。
どうするのが正しいのかとまだ考え中。なんか、こう、おっぱいに段差が生じてしまうっていうかね。ほら、小さいキツいブラジャーで締め付けちゃってるときの縁部分のような形状、あんな感じの段差がねできちゃうんだよな。できないわけないと思うのよ。

私くらいのカップでもそうなっちゃうってことは、もっと大きい人は、NuBra、無理なんじゃないか? カッポリ覆ってなお且つ引っ張り上げてくれますよとか、ちょっと離れた位置に貼り付けておいてから寄せて上げると胸の谷間が出来上がりますよとかいう効果を実感でき感動できるのは、たぶん控えめなおっぱいの人だ。と思ったんだ。

ちょっとでも大きめだったら綺麗に収まることはないんじゃないかと思ったんだよね。谷間も何をどうしたらうまく作れるんだか、よくわからなかった。どうなんだろ。私が着ける位置を間違ってるんだろうけどね。写真を撮るわけにいかないので非常に説明しづらいんだけどもさ。

あとは。
外したときにちょっと驚きそして納得するんだが、汗ね。汗をかいていた。それはちょっとマズいなぁと思った次第。ちょっと考えれば通気性なんか望むほうがおかしいんだってことに気づくんだけどもさ。外したとき、「おゎっ、汗っ」って思った。ピチャピチャしてるくらいな掻きっぷりでした。


そんなこんなでね。なんか、こうさ、いろいろと困るシチュエーションが生じるはずだよなって思ったんだが。どうだろうか。


「段取り」が許される状況とそうでない状況とあるよね。シャワーとか悠長に浴びてられないときもあるじゃんね。そういうときに、こう………あぁ、なんていったらいいか、誰か続きを書いてくれないだろうか。


………自分で書こうか。わかったよ、書くよ。


そういう「段取りが許されない状況」においてね、これはけっこう厄介ですよ。と思った次第ですってば。そうにぅいい雰囲気になったときにですよ、頭の中をグルグルといろんなものが駆け巡るでしょ。と思うのよ。


【グルグルの詳細】
(1) 胸に手が伸びてきた瞬間:
「あ。えーっと、ごめん、ちょっとやめてくれる? NuBraなので、乱暴に揉みしだかれちゃうと困るんですけど」って、ハラハラするはずだと思うんですよ。


(2) 外す瞬間:
「ちょっ、ちょっと待ってて。外すから、あたしが外すからっ。あっち向いててくれる?」ってなるはず。

NuBraは見た目的にはそういう‘異体’領域だよ。相手に見せるつもりにはならねぇなぁ。こういう舞台裏は相手に見せるべきではないと考えます。クロッチを外す姿を見られたくないのと同様。

ヌード、ブラック、ピンク、ブルーと4色ありますけど、何色であってもイタいんじゃないかな。「ブルーだったりした日にはブルーだろ(※詩人西村のブルーな発言)」。(※「詩人」についてはKARAOKEの記事に説明あり)

特に「ヌード」っつう色はさ、いわゆる肌色なだけに、パッと見、乳首の無いおっぱいみたいな感じでしょ? 別に手術に失敗したわけでもないのに。

そういう‘異体’なわけよ。それ、女の俺たちはともかく、男性は見ても嬉しくなかろうと思うんだよね。ヒくと思うんですけど、どうですか。


(3) さぁ、やっと外しました、と:
「さて、これをどこに置くか」って悩むに決まってる。
ご使用上の注意にも、「接着部分をタオルや生地に当てないようにしてください」「尖ったものや鋭いものは近くに置かないようにしてください」とあるでしょ?

うかつな場所に置けないじゃない。「埃にならない場所……」って探さないといかんでしょ。しかも暗闇でね(※ Oh, yes, I am 「灯りは消してね」派)。赤外線ゴーグルが欲しいくらいの特殊任務。

猫とか犬とか飼ってたら……。くんずほぐれつしてるうちにペットの毛が舞い上がるじゃないですか。おちおち取り組んでいられないですよ。「NuBraに毛が付着しちゃうよ、ママン………」って、そっちばっか見ちゃうと思うんだよ。


(4) 置き場所はとりあえず確保した、と:
そこからも油断は禁物ですよ。下半身を脱がされたら、そん時ですよ、「あ、この人、私のパンツ(=パンツとズボン; いっぺんに脱がされてんのかよ)、どこに置きやがるつもりだろ」って、相手の動きを注視しちゃうよ、きっと。で、「あぁぁぁぁっ!その辺に投げないでっ、その辺、NuBra置いてあるんだからっ。その上にドサッて置かないで」って、ヒヤヒヤして見張ってなきゃいけないわけよ。


(5) さて、いよいよ始まるよ、と:
胸一帯にチゥとかされそうになったら、どーすんのよ。「汗がっ、ちょっ、ちょっと待って、NuBraだったから汗がっ、汗がね」ってしどろもどろするでしょうに。100% シリコンとやらいうものに長時間密閉されて汗かいちゃったおっぱいが、いったいどんなテイストなんだか、私ゃ知らないよ。知ったこっちゃないよ。

なんか、イメージとしてはケミカルテイストなんじゃないかって絶望的に思います。だけど、私はそれをどうすることもできないですよ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


これら全ての不安が解消されるためには、「段取り」が要件になってくるわけです。「始めましょうか」という合図の下に、シャワー浴びてきますとかそういう「段取り」ね。ちゃんと私の意思で脱ぎ、私の意思で置き場所を確保する。そういう「段取り」。


でも、それってどうなのよ、と。


何年も前に女の先輩方と議論白熱したんです、「玄関先でストッキングとか破られたいかどうか」について。9歳下の女子学生(当時)はヒいてしまってましたがね。「なんでストッキングなのか、なんで玄関先なのか、さっぱりわかりません」っていう弱弱しいレスが来たです。

それに対し、先輩方総出で説明したんでした。


【説明 その1】
「玄関先」ってのは、なんかこう……『勢い勝負!』みたいな『破廉恥度 向上魂』が溢れているわけでね…。

しっぽり飲んで酔って2人で帰宅して(←女の家でも男の家でもいいのだ、この際、どっちでもいいのだ)、家に辿り着くと、服を脱ぐ間も脱がせる間も惜しんで……。そいで、勢い余って(←もしくは、演出のためわざと)ストッキングなんて引き裂くのよっ………っていう状況です。


【説明(?) その2】
私、そもそもストッキング履かないんだ。タイツは履くが。

…でも、あれだと引き裂けないぞ?、たぶん。何十デニールか見当もつかんほどの厚みだしな。


【説明(?) その3】
ストッキングは最終的に全部ぬぐわけ?


【説明 その4】
つまり、
「いやーん。これから外出するのに」とか、「いやーん。帰ってきたばかりなのに」だからですよ。

その切迫感がよいのだ。‘準備万端’で臨むよりも、もっと‘本気’を感じるからです。

ちがうかな?>みなさん
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


この辺の「本気理論」に鑑みて、NuBraは非常にkilljoyなシロモノであります。以上、報告終わり。


参考資料:
帰宅して真っ先にNuBraを洗います
NuBraを洗う私を見つめるマミィ
石けんの泡でカップの中をクルクルって撫でて洗います。そんな時マミィちゃんは必ず私のそばまでやってきて不思議そうに私の手元を凝視しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)