グルメ・クッキング

2014/10/30

Bar Inicio スペインバル INICIO

ぐるなび - スペインバル INICIO

スペインバル INICIO - 浅草橋/スペイン料理 [食べログ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/02

Fermintxo フェルミンチョ

オリーブオイルソムリエである幼馴染(シエナ色の丘から)のsienaちゃんがスペイン料理店をお探しだったので、「そういう相談なら…」と真っ先に友人のMさんを頼ったところ、すぐにフェルミンチョさんをご紹介くださった。

というわけで昨晩はMさんのご案内でフェルミンチョにて、たいへん、もう、たいへん、楽しく美味しいお料理をいただきました。ごちそうさまでした。

西麻布にある、美味しいワインとスペイン料理が楽しめるレストラン | FERMINTXO-フェルミンチョ 

FERMINTXOのブログ 

FERMiNTXO facebook

Fermintxo (Fermintxo77)さんはTwitterを使っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/25

Bar Pancho con amigos

辻堂でスペイン時代の友人たちと飲む。久々にアルコール摂取だ。久々に―――十年ぶりとかじゃ済まないくらいぶりに―――呂律があやしくなるくらいまで飲んだと思う。

panchoのブログ 
神奈川県藤沢市辻堂2-16-8 TEL0466-36-3118 Bar Pancho panchoのプロフィール

料理もお酒も美味しかったし、何より雰囲気を楽しみました。老若男女がまだ日の高いうちからテキトーに立ち寄って憩っている感じを眺めながら、そうそうスペインのバルってこうだよなあって思ってた。楽しかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/31

Restaurante peruano Arai Shoten

男友達と久々に会おうということになり、あちらがかねてより気になっていたというペルー料理店に決定。美味しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/14

Restaurante India RAJ インド料理 ラージ

Paisaje nocturno de las fábricas 交通船で行く 工場夜景探検ツアー : Donna Comodonaで、薄着だった私は体温低下が著しく、東京まで戻ってくる電車でもまだ身体は冷えていたので、熱くなるものを食べようということでF女史が選んでくれたお店。

ぐるなび - インド料理 ラージ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/08

Un día largo de Hanami お花見―――長~い1日

朝、地元でiphone買って
浅草で髪切って
時間が余ったから上野公園に寄ってみて
巣鴨で友人と待ち合わせて
地蔵通りで和菓子を食べまくり
六義園でしだれ桜を見て
スペインバルと謳いつつ「BAL」という謎のスペルの店でごはん食べて
しゃべり足りないから最後はファミレスでしゃべって
帰ってきた


より大きな地図で un día largo de Hanami お花見―――長~い1日 を表示


ちなみに、巣鴨から六義園への移動の小一時間のあいだ断続的に激しく足が攣り、六義園に入ってからも両足の向こうずねとふくらはぎという計4箇所が同時に攣るなど、一時は為す術のない状態にまで陥り人目もかまわず悶絶し、友人は「救急車を呼ぶしかないな」と言ったほどでした。自分の膝から下で何が起きているのかわからなくて恐慌を来した。

いまこれを書いているのは攣った時からかれこれ80時間が経っているのだが、今もまだふくらはぎに違和感がある。もしもまた今度は一人で人込みを歩いている時なんかにあんなことに襲われたらどうしようと、ビクビクしている。

……と言いつつ今日は『クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]をやってしまったんだけどね。


それと、友人経由でSurco Makino著の『Gacela』をいただいた ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
Gacela, de Surco Valbuena Makino. Comprar Gacela en Fnac Libros


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/06

Ichariba en いちゃりば えん

いちゃりば えん|ショップニュース|AKIBA TOLIM アキバ・トリム

ichariba en

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/17

Eco-cantimplora

cantimplora
3月のFOODEXで見かけたエコ水筒。スタンドで、社長さんなのかな、台湾の人がにこにこ説明してくれた。

華泰茶漉し付きエコ水筒
・茶漉しつき
・丈夫・安全
・軽量・コンパクト
・熱湯・水出しOK


F女史が渋谷に寄ったついでに私の分も買ってきてくださったので、このところかなり愛用しています。家でも外でもどこ行くんでも。かなり楽です。私のは580ccのだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

persa-turca

6月下旬だったか、おちごと先のF女史K嬢とペルシャ・トルコ料理店に食べに行きました。

zakuroお店のサイトにも「陽気で異国ムード満点」書いてあるけれども、えぇ、本当にそういう感じでした。(民族衣装も貸してくれるんだよ、たしか)

絨緞の上に座って、そこに置かれた食べものを食べていきました。料理の量は凄かったです。味も美味しい……でしょう、たぶん。

(私はたいていのものは美味しいとしか思わないので細かいところはよくわかりません)

味はさておき……まぁ、行ってみるとわかると思いますが、店員の態度が可笑しくて可笑しくて。日本人なのかそれともナニジン……???って、つい考え込んじゃうような素っ気無さがおもしろかった。

私たちのそばには団体客が入っていたんだけど、店員さん、デザートをサーブする時に悪びれもせずに「これ、数、足りないんだけど、デザート」ってドンと持ってきたりする。

基本的に、「あたしが皿を突き出している間にあんた達で自主的に受け取ってくれる?」というスタイルの給仕をする人でした。セミセルフサービスとでも言うか。

あと、料理について説明してる時に「これは特別な日に食べる料理」とかなんとか言ったんだよね。それに対してはしゃぎ気味の客が「今日って何か特別なんだっけー?」とかなんとか無邪気なツッコミ(にもなってないけど)を入れたんだけど、店員さんは鼻でため息をつきその客を冷たく見据え、座が静まり返るのを待ってから、「向こうでは、ってこと」と、怒気を混ぜるでもなく、全く抑揚なしにコメントして立ち去っていったりとか。

その素っ気なさは馬鹿丁寧が蔓延している日本ではあまり見かけない、刺激でした。スリリングでした。

もう一人の若い男の子の店員くんはたいへん腰が低く声も優しげで弱弱しい子でしたが、全く何も知らされずに手伝わされているような新人っぽくて、何を聞かれても答えられず、何を頼まれても応えられずでした。気の毒になってきたほどでした。

どうやら常連っぽい客の一人が「今日はオーナーは?」と尋ねた時にこのバイト君はやはり小さい声で「……下で騒いでます……」と答えていました。……したでさわいでいる……とはいったいどういう状態なのか、というかその答えは答えになっているのかなどなど、謎の残る回答でした。


やがて、強制的に別のフロアへと移動させられます。

zakuro
なんか、ぎゅうぎゅうに詰められた客が正座または体育座りをさせられている部屋の真ん中でダンスのショーが始まるのでした。

しかも、困った(´・д・`)ことに、オーナー(おっさん)が、嫌がる客を引きずり出して、ダンサーのオンナノコと無理矢理踊らせたりするというメンドウな趣向です。

K嬢から前もってこの点について説明された時のF女史の第一声は

「……なんとハードルの高い……」

だったそうです。

zakuro

ほんと、キッツい、あのダンスタイム。

見てる分にはまだいいですが、引きずり出そうとするオーナーのハイテンションっぷりとか、雄たけびとか、練りに練られたセリフ回しとか、引きずり出されそうになってそれを拒む女性客の絶叫とか、それでも仕方なく踊ってみせた時の仲間内のやいのやいのとか………

あーもー! あーもー! ハードルが高過ぎる!

バイト君がさっき言ってたとおり、「下で騒」ぎ過ぎ!

ちなみに、引きずり出されるのを回避するコツは:
・まず目を合わせないこと
・笑顔を見せないこと
・カメラを大事そうに抱き続けること

だと思います。


学生っぽい客が多かったな。踊り子も学生っぽいと思ったけど、どうなんだろか。学園祭っぽかったわけです。ショーだの内装だの、全般的に。

zakuro 
最後、水タバコが美味しかったです

この写真じゃよくわかんないけど

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/04

OJU

おちごと先の御食事会で韓国宮廷料理の店 李朝宮中料理 御廚 OJUに連れて行っていただきました。幹事のAさんが『チャングム』を見て以来、いつか食べてみたかったらしい。

いやぁ、よく食べちゃった。このたびのコースは「野のコース: 7000円」。3時間以上かけてゆっくりいただく感じでした。写真はちょっと残念な仕上がりでした(もっと明るい設定で撮っておけばよかった)。

1. 前菜三種盛り
Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU

2. 松の実粥と何だろう?
Nihonbashi-OJU

Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU

3. これは何だっけか
Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU

4. マッコルリ利き酒(頼んだのは私じゃなくて)
Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU

5. これも何だったか……
Nihonbashi-OJU

6. ここでチヂミみたいのを3種類頼んでみんなで分け合ったんだっけか
Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU

7. 大正海老の岩塩焼き
Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU

8. 御廚ビビンバ(ハーフ)
Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU

9. これは何だろう
Nihonbashi-OJU

10. これはコリコムタンスープかな(私の注文じゃなくて)
Nihonbashi-OJU

11. 韓国伝統茶と伝統菓子(私は生姜茶とおこわ)
Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU

12. 韓国伝統茶と伝統菓子(Cさんの注文: ナントカ茶と果物にシロップの)
Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU Nihonbashi-OJU

すんごい満腹なところへ最後のデザートに私はおこわを注文しちゃっていたので、そしてそれはさすがにもう重く感じられたので、Cさんのを見てついつい「なんか、あたしもそっちが良かったなぁ」と呟いてしまった。そしたら「あ! どうぞどうぞ。半分コしましょう!」と優しく言われてしまい、「いや、ホント、ホントにそんなつもりで呟いたんじゃないんです………」と言うのが精一杯だった。ほんと、恥ずかしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧