« Flores 2008 (8) | トップページ | Flores 2008 (9) »

2008/05/17

animalitos 2008 (5)

マミィがチビくんの上に乗っかっている
080517

こないだ兄一家が犬二匹を連れて遊びに来た。ミニチュアダックス(3歳)とMIX(1歳)だったかな。マミィやチビくんはすぐに納戸の奥に隠れてしまったが、最後までその辺をうろうろしていたクロスケ殿は逃げ場を失ってこんなに膨らんでいました。
080517 080517


グラナダのKちゃんのリクエストに応えるべく、黒猫写真を

と思ったらボケちゃったので、ちょっとサイズ小さめで


マミィちゃんが動かなければきちんと枠内に収まっていたものを。

動いちゃってダメになったのでサイズ小さめで

プクの背中にイボのようなものがあるようだと言って父が探っている姿を記録。
080517

写真映えのするマミィちゃん
080517


マミィちゃんも、これくらいまでならプクに近づけるようになった

080517
最近ときどき夜Stickamで猫ライブを流しています。

このブログの右サイドバーのStickam小窓でも見えるけど、Stickamのページもある

080517
その奥には時々リラックマ(など)が見えると思います。

大きいのはT嬢にこないだ誕生日プレゼントとしていただきました。ゲーセンで獲ってきてくれたのだったと思います。ありがとうございます。

汚れたらイヤなので包んであったビニール袋をかぶせたままにしてあります

|

« Flores 2008 (8) | トップページ | Flores 2008 (9) »

ペット」カテゴリの記事

gatos 猫」カテゴリの記事

perra 犬」カテゴリの記事

コメント

 クロスケ殿、精一杯威嚇しておりますネー。
やはり自分を大きく見せるために、毛を逆立てるのかな?
それにしても、”フーッ!”と云う声が聞こえてくるようですネ。
ネコ好きな私には、恐ろしさなどは微塵も感じず、むしろ、
とても”健気?”な姿に感じてしまいます。(笑)
ネコは体毛の色によって、手触り?固さ?が違うようですネ。
クロ>シロ>茶>三毛>キジの順に柔らかいって本当なのかしら?

あっ、もちろん犬も好きです。(苦笑)
それにしても、犬・猫に囲まれた生活...、
良いなーッ!実にウラヤマシイー!(笑)

投稿: カルロス | 2008/05/19 02:51

カルロスさん

>フーッ!

我が家では「シャーッ」とか「毒気」とか表現しています。

>犬・猫に囲まれた生活.

これ、本当に良いですよ。
私は足が痛くて(重くて)寝付けないような時は、布団の足の方で寝ている猫を足で触るようにします。そうすると、不思議と痛みが軽くなって楽になります。ような気がします。

あくまでも気がするだけですが、でも、効くのです。http://www.google.co.jp/search?q=%E7%8C%AB%E3%80%80%22%E3%81%94%E3%82%8D%E3%81%94%E3%82%8D+OR+%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%83%AD%22%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%A0&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&hl=ja&lr=lang_ja&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&hs=g2B&sa=2" target="_blank">ベッカムが骨折を直したのもきっとソレ関係あるのですよ。

投稿: Reine | 2008/05/23 21:46

初めてこういうところにコメントを書きます。
クロスケはかわいいです。クロスケを拾う瞬間を見ている訳だから、当然といえば当然ですが。とにかく、クロスケの写真はいっぱいのせていただきたい。
本当にあんな死にかけた小汚い黒猫が日本で元気に暮らしているのを見るのはうれしいです。
何回見ても、本当にかわいいです。このかわいいの意味はわかってもらえるでしょうか。私は4匹の猫と一匹の犬と一人旦那がおりますが、旦那より最初に一緒に暮らし始めた猫を引き取りに行った時、4匹の子猫からどれを選ぶかと聞かれた時、一番不細工で、誰も引き取りそうもない子猫を選びました。今は家の牢名主の様な恰幅のいい甘えん坊の雄猫です。

投稿: スペインの田舎者 | 2008/05/23 22:50

そう。私は貴女の一言があったからクロスケを拾いました。

栄養失調であまりにも弱っていて、ぐちゃぐちゃでぐしゅぐしゅでぐずぐずでぼろぼろでしなしなだったクロスケの姿にヒいてしまったこともあり、私はやはり保護する覚悟が決まらなかった。

近所の人が出てきて言うことには、「こいつはきっと夏は越せないよ」と。しかしアパートに連れ帰るわけにはいかないと苦悩していたし、どうせ猫を拾って帰るのなら何もこんな不健康な子を拾わなくても、周りを見渡せばもっともっとピチピチのプリプリのがうようよいるじゃないかという思いもあって。

だけどその時にあなたが、「この子は今Reineちゃんが拾わなかったら誰も拾わないよ」「どれか一匹拾うつもりがあるんなら、この子を助けてやって」「他の子はもうこの地区で生きていくだけの力があるけど、この子はもう死ぬしかないよ」とたしかそのようなことを言ったのでした。

だから私は拾って、最初のうちはプチダノンの「My First Danone」だかなんだかいう子ども用ヨーグルトで育てたのでしたね。あれからもう十数年経ちましたが、今でも、ヨーグルトの蓋を剥がしている音やヨーグルトの容器で机などを叩く音を聞けば、どこからでもすっ飛んできます。


私はこの猫を保護した時は、自分への言い訳もあって、「この子を獣医さんに連れて行って、点滴でもなんでもしてとにかく健康体にして、ある程度の予防接種をして『もう大丈夫だ』と見たら、1ヶ月後くらいには拾ったところに戻しに行こう」と思っていました。

が、1週間以内で見事に回復してしまい、「詐欺か」と思いました。

そしてそのころにはもう、寝ている私のそばにヨチヨチ歩いて来て、おっぱいをもみもみふみふみしたりする手練手管までマスターしていやがったものですから、元いた場所(=親猫のいた場所)に戻しに行くことなどみじんも考えないようになってしまっていました。


クロスケ氏は近頃とても健康で。
‘近頃’もなにも、おまえずっと健康じゃないか、と。

内臓方面の異常によってUltimamenteに獣医さんにかかったのは98年冬のことです。(血尿が出た) 以来、体調を崩したことが無い。(2年前くらいに足をくじいたらしくて、若干cojoですが、それでも駆け回っています)


すごく健康体で、それらひっくるめて、「詐欺か」と思います。

投稿: Reine | 2008/05/23 23:19

 世の中、偶然の積み重ねなのか、見えざる力に操られているのか
分かりませんが、なんらかの”縁”なるものがあるのでしょうネ。

 クロスケ殿は、心優しいスペインの田舎者さんやReineさんに
巡り会って、本当に良かったですネ。
Reineさんは、予想に反して、クロスケ殿が1週間以内で見事に回復してしまい、
「詐欺か」と思った(笑)そうですが、それにいたるまでの、Reineさんの
懸命の看護と愛情があってのことだと確信しております。

>おっぱいをもみもみふみふみしたりする手練手管までマスターしていやがった
このくだりには、思わず吹き出してしまいましたヨ。
動物には、本能的に母性本能を刺激する術を心得ているんですナー、
そうか、もみもみふみふみなのだな、メモ、メモ。なんてネ。(笑)

投稿: カルロス | 2008/05/24 13:26

そんなに一生懸命看護したわけでもないのに回復は早かったです。

触ると皮膚病でもうつるんじゃないかと心配になるような哀れな抜け毛状態だったので、拾ったその夜は玄関のスペースに閉め出しておきました。部屋内部と玄関との仕切りドアの建てつけが悪く隙間が空いていたのですが、夜中なんか気配を感じてパッと目を覚ましたら、いつの間にかこっちの部屋まで入って来ていて布団の一番隅っこに乗っかってうずくまっていたんだな。

みすぼらしい子だったんだが、そういう図々しさが可愛かった。

MEMO
捨て猫・野良猫たちが人間に保護してもらおうとするその手腕は、2chのhttp://nekonoguideline.blog84.fc2.com/" target="_blank">猫(ぬこ)のガイドラインというスレッドではたびたび指摘されている。

>営業力の向上には目を見張るものがある

>泣き落としテクも取得済みとは・・
>奴らの営業力は底なしか?!

投稿: Reine | 2008/06/07 13:40

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163261702?ie=UTF8&tag=reinoreine-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4163261702" target="_blank">犬と私の10の約束』はよく聞くところですが、10カ条はというと本の紹介ページにもあるとおり

1私と気長につきあってください。
2私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3私にも心があることを忘れないでください。
4言うことをきかないときは理由があります。
5私にたくさん話しかけてください。人のことばは話せないけど、わかっています。
6私をたたかないで。本気になったら私の方が強いことを忘れないで。
7私が年を取っても仲良くしてください。
8私は十年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいてください。
9あなたには学校もあるし友だちもいます。でも私にはあなたしかいません。
10私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。どうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを。

ということらしい。では、「ねことの10の約束」っていうのを見かけたのでメモしておきます:

1. 当然ですが、私と気長につきあってください。
2. 私を信じてください。それくらい当然です。
3. 私にも爪があることを忘れないでください。
4. 言うことをきかないことに理由はいりません。
5. 私にたくさん話しかけてください。人のことばは片言ですが、わかっています。
6. 私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないで。
7. 私が年を取っても、食事に気を使ってください。
8. 私は十年くらいしか生きられません。そのうち七年は寝ています。
9. あなたには学校もあるし友だちもいます。でも私には関係ありません。
10. 私が死ぬとき、お願いです、そっとしておいてください。どうか覚えていてください、あなたがずっと私の下僕だったことを。

下僕とぬことの10の約束 」というのだそうだ。

投稿: Reine | 2008/06/07 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: animalitos 2008 (5):

« Flores 2008 (8) | トップページ | Flores 2008 (9) »