« Tio Danjo | トップページ | Flores 13 »

2007/08/30

animalitos agosto 2007

この夏の犬猫

の前に、ちょっとだけ親についてメモ。

1) 夜8:00過ぎ、ウォーキング兼買い物に母と出かける。

ある夜、家を出て40秒くらいのところで母が「あっ」と言って立ち止まった。「裏返しだった」らしい。「帰る?(=いったん家に戻って直してくる?)」と聞こうとしたが、私が口を開くより前に母がポロシャツをガバッと脱いでました。暗がりで上半身裸になってました。(※ブラジャーもつけてなかった)

まぁ、幸い、この辺は夜8時過ぎにはだいぶ暗いし人もいないからいいですけど。いや、いいのか?


2) 父はだいたいいつもグレー、白、黒、紺などの服を着てる。

ある日の食卓で、なんか、無意識のうちに和んでいる自分に気づいた。「なんだろう、このファンシーな気分は…?」と、落ち着かなかった。なんか、童心に返るような、でも何かがミスマッチのような、あってはならない組み合わせのような、イライラするんだけど可愛いみたいな、なんだろうこれは、私の目は何を捉えているのだろう……と数秒間じっと考えてみた。

わかりました。違和感の元は目の前に座っている父でした。

paddington

なんか、パディントンっぽいんだよな」というのを無意識のうちに連想してて、理性とかと激しくぶつかり合っていたのでした。

(参照: パディントン・ベア フィギュアストラップ スイミング


3) ある日、帰宅すると…、

ちょうど父が脱衣所(からお風呂場)にいるようで物音がしており、母がドア越しに話しかけているところに来合わせた。母は、「お父さん、そこにタオルがあるでしょう、それでお尻拭いてきて。そしたら垂れないから」と言っていた。

やがて父は脱衣所から出てきたが、私は何も聴かなかったことにした。「おとうさん、お漏らししちゃったんだ……垂れるって……・゚・(ノД`)・゚・。」というのがやはりショックで、ジロジロ見たりすることも勿論できず、私はうなだれて二階に上がってしまった。いずれはと覚悟してきたが、すぐにはこの出来事を受け止められなかった。

しばらくしてから下りていってみると、父は別に普段と変わらず晩酌している。母のところにそっと行って、「さっき、お父さん、お尻どうしたの?」と小声で訊いてみた。「何か出ちゃったの?」と。

そしたら母は私を脱衣所に引っ張って行き、「これよ、これよっ」と。


さて、そんなところで、今夏の犬猫。

チビくんは時々私の隣で熟睡します。そして時々寝ぼけてるのか何なのか、私のお腹とかをモミモミしてきます(乳を飲むような仕草)。

animalitos agosto 2007
この姿勢で立つとなぜかベロが出る。これはどこかが悪いということなのでしょうか???

animalitos agosto 2007
保冷剤を後頭部に当ててやろうと思ったが、落ちてきてしまうので鏡餅帽子の中に入れてみた。結局失敗。

animalitos agosto 2007
勝手口で外を眺めるクロ兄さん

animalitos agosto 2007
そうすると、「あたしも、あたしもー」のマミィが必ず真似ッコしに来る

animalitos agosto 2007
猫ビームだね

ブーコさん、お腹がさすがにヤバいので、エサを減らしています。

ブーコさん、手をガジガジしています

ブーコさん、あんまりそうやって蹴り蹴りしないでほしい。


ブーコさんについては、添い遂げてくれる熱意のある関東・伊豆在住の方をあいかわらず募集中です保護してからそろそろ5年になりますが、まだ里親募集中です。


animalitos agosto 2007
ドアストッパーを今どかすから、ちょっと待ってて

この夏、エアコンをつけずに頑張っていた我が家ですが、お盆前後だったか、猛烈に暑い日があったでしょ。その時、人間はまだまだ何とか耐えられそうだったんだけどプクとマミィちゃんが危険な感じでゼェハァゼェハァ言い出したので、大慌てでみんなを一部屋に集めてエアコンをつけました。

animalitos agosto 2007
そんなこんなで、手を休めてふと足元をみると、マミィちゃんがこんな風に伸びています。

床が冷えてて気持ちいいのでしょう。

animalitos agosto 2007
ふと振り返るとプクがこんな風に伸びています。

どうよ、このクッタクタのボロ布的質感。ほんと可愛いんだから。

animalitos agosto 2007
クロさんは扇風機の足元のとこを枕にして寝るのが何故かお気に入り。

animalitos agosto 2007
マミィは暑い日でも人にベタベタしてくる。

そして、父のお腹をザリザリ舐めてます。何だと思ってるんだろうな。舐め終わったら寝ちゃってます。

そう、基本的にマミィちゃんはザリザリしてくれる子。夜、私の隣でチビ君とマミィちゃんが寝ていたんだけど、チビ君をザリザリ舐めてやるついでに私の脚とか腕もザーリザーリザーリザーリ舐めてくれるので痛くて目が覚めたことがある。

あと、コショコショしてやると気持ちいいのか何なのか舌をペロペロしてしまうのは犬・猫共通だよね。

マミィ、毛づくろい。デブ過ぎて不安定な感じ

寝転がっている私の胸の上にドッシリと乗ってきて寝ちゃったりします。

6月か7月にテレビで猫の甲状腺機能亢進症について説明していて。「10歳以上の年老いたネコ」「眼がぎらつき、呆れるほどに動きが活発になって」「食欲が増してきてガツガツ食べる。しかし体重はかえって減ってきた」「このごろ妙に飼い主の体にまとわりつく」「毛がところどころ抜けてまだらになった」などなど。

……これ、すっごくマミィに当てはまるような気がしてさ。毛はまだらに抜けてるし、とくに‘甘えるようになった’というのがビンゴなんだよね。今年に入ってからマミィはやたらと私にベタベタしてたんだわ、そういえば。夏になってもなお一緒に寝ようとしてくるし。可愛くってたまらないし。

絶対にこの病気だと思って、でもなかなか時間がとれず、焦りに焦ってこないだようやく汗だくで自転車こいで獣医さんに連れて行きました。

私: 甲状腺ナンタラカンタラだと思うんです。毛も抜けてるしっ、痩せてきましたしっっ。

先生: (にやにや) いや、正常です。体重はたしかに一番太っていた頃よりは450gくらい痩せましたけど、それって別に心配しなきゃいけないような減り方じゃないです。この抜け毛の箇所はたしかに皮膚病の一種だったんでしょうけど、それももう治っちゃっていますから今から別に薬を必要とするもんでもないし……。

私: でも、みょ、妙に甘えるんですっっっ

先生: ……甘えてるだけです

私: (しーん)
先生: (にかにか)


甘えたかっただけなんだってさ、まーちゃん。

|

« Tio Danjo | トップページ | Flores 13 »

gatos 猫」カテゴリの記事

perra 犬」カテゴリの記事

videos」カテゴリの記事

コメント

プーコちゃん、5年も里親募集・・・・。
それにしてもいっぱい飼ってらっしゃるんですねぇ(笑)
そりゃ、捨て猫があると、エキスパートとして呼ばれてもしょうがない気がします(笑)

そうそう、動物がドアの隙間から顏だけ出してるのって、私はいっつもシャイニングを思い出してしまいます(´д⊂)なんでそんなホラーなイメージかは謎。

投稿: きゅー | 2007/08/30 10:23

5年!!!

投稿: Nisimura | 2007/08/30 12:35

■きゅーさん
シャイニング、わかる、わかる。

>それにしてもいっぱい飼ってらっしゃるんですねぇ

我が家‘名義’の猫といえば、もう一匹、お隣さんに行きっぱなしになっているネネコさんという子もいますからね。ネネコさんを撮るのは難しくてなかなか写真が手に入りません(がお隣さんいは何枚もあるらしい)。こないだ早朝に犬の散歩に出かけたときお隣のウッドデッキでネネコさんがお隣の小母さんとしゃべってた。

※お隣では今月老犬を亡くしていて小母さんは精神安定剤を処方されるほど落ち込んでしまっていたのですが、ネネコさんで少しは悲しみがまぎれているらしいです。

■Nisimura……5年ですよ、5年……。あの冬の日に気まぐれで買い物コースを変えていなかったら、ブーコさんは野垂れ死んでしまっていたのでしょうか(´;ω;`)

投稿: Reine | 2007/09/01 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: animalitos agosto 2007:

« Tio Danjo | トップページ | Flores 13 »