« flores 02 | トップページ | flores 03 »

2007/02/24

animalitos Feb. 02

feb23
マミィちゃん無題

プク無題
feb23 feb23 feb23 feb23
最近、複数の友人から立て続けに、「あのさ、一度言っておこうと思ってたんだけど、プクって別に可愛くないからね?」「プクっていうのは……あぁ、あのブチャイクな子ね?」「絶対に盗まれないから大丈夫だから」などなどと言われ、「えぇぇぇぇぇっ」と心底ビックリしていた私です。

ブーコさんの登場によってネネコちゃんがお隣さんへと退避した経緯はこの辺を:
http://comodona.cocolog-nifty.com/blog/2004/03/fea_092d.html
http://comodona.cocolog-nifty.com/blog/2004/06/gatas_d051.html
http://comodona.cocolog-nifty.com/blog/2005/07/etc_1.html

feb23
ブーコさんに追い立てられてから実に4年半。その間もネネコちゃんは、いつもお隣の庭からmy父を恋しそうに懐かしそうに見ていました。

ここ数日ネネコちゃんが勝手口に来てニャーニャー鳴くようになったらしいのです。4年半の観察によって、ブーコはたいしたことがないというのがやっとわかったのかもしれません。

feb23
my父が留守にしているとわかると、またどこかに行ってしまうんですと。そして、夕食時にもう一度やってきて、また父を呼び、父に撫で撫でしてもらいながら勝手口でお魚を食べたりするそうです。

でも、ネネコ、ここだけの話、お隣の子になっちゃった方がいいかもしれないんだぞ。お隣では鯛のお刺身なんかを食べさせてもらっているらしいじゃないか。

feb23
知らない家を通り過ぎた。おじいさんが庭仕事をしているのを猫がそばでずっと見てた。

しばらく経ってから再びそこを通ったら、まだまだおじいさんは作業中だし猫も変わらずそばにいた。「可愛いですね」とか言ってしばらく立ち話。

feb23
仔猫のときに近所の子供たちに追いかけられておじいさん家に逃げ込んできたのをそのまま飼っているんだって。

「美人ちゃんですね」と言ったら、「ほう、そうですか」と。性格も大人しくて優しい子だそうな。

feb23
そうだ、思い出した。

いつも夜帰宅途中の家で白猫に出会うんだ。今夜なんか走ってちょっとついてきてくれちゃったくらい人懐っこい子。丸顔でムチムチしてて可愛いんだよね。今度、その子を撮って来ようと思います。

ちょこっと動画。(音声は間引かれてるので意味不明)
Video
ブーコさんと猫じゃらしで遊んでやる図

Video
クロはヨーグルトが大好きで、手を器用に使って容器の隅々まで舐めます

弱すぎて小さすぎて何も食べられなくて衰弱死寸前のところを拾ってきてプチダノンを与えてどんどん元気にしたので、その時の味を忘れられないのかもしれません。今でも、ヨーグルトの容器を叩くとかテーブルにぶつけるとかしてコツコツ音を立てると、どこからでも飛んできます。ヨーグルトの蓋部分のアルミ箔みたいのを剥がす音だけですっ飛んでくることも。

24 Feb ちょっと加筆 チビ君。
みんながよじのぼるので爪でそこの壁がザギザギなのです……
feb24 feb24

feb24
こんなに精悍ないけめんチビ君ですが、ひどい甘えっ子でね。いつもヒィコヒィコか細い声で泣いてマミィやクロさんを探し回っています。

|

« flores 02 | トップページ | flores 03 »

ペット」カテゴリの記事

gatos 猫」カテゴリの記事

perra 犬」カテゴリの記事

コメント

ヨーグルトを召し上がるんですか・・・私方の猫族はアイスクリームは平気ですが、ヨーグルトはちょっと・・酸味が嫌なのかと思っておりました。それぞれの個性ですね~。そのうちにウチのブーコもご覧に入れたいと思います。此方ほどの迫力はございませんが。

投稿: atQ | 2007/02/24 10:20

クロさんはヨーグルト絶対です。同じような容器に入ってるから騙されるかと思ってアイスを差し出してもあまりはしゃぎませんし、すぐに舐めるのをやめます。

(チビ君の写真をつけたしときました)

投稿: Reine | 2007/02/24 15:29

プク、可愛いです。
シーズーは高慢ちきの不貞腐れの自己主張強めのブサイク犬だというこれまでの認識を、プクを初めて見た時に変更いたしました。

シーズーは「…とか言っちゃってマジ受けるー」「ってかヤバクね?」なんつって一方的に自分の話を続ける少し肌の浅黒い女の子達と印象が重なっていたのですが(根拠無し)、
プクの控えめで、それでいて温度高めの目線を見て、可愛すぎる、こんな可愛いいシーズーいるのか、と動揺しました。
どこが好きなのか考えたのですが上手い説明が見つかりません。
いやプクはホントに可愛いです。
写真見るたび「たまらん」と思っていたので、可愛くないなんていわれたら黙っているわけにはいかなくなり、これといった援護射撃も出来ぬこと承知でコメントいたしました。すみません。

ついでに。
ちび君の「ヒィコヒィコか細い声で泣いて」の表現に同士を見つけた思いです。
わが母は猫の頼りなげな要求声を「ヒィホヒィホ」と表現します。独特だけどかなり精巧な擬音だと常々思っていました。
世間で使われる「ミィミィ」やなんかじゃぜんぜん追っつかない切実さが「ヒィコヒィコ」「ヒィホヒィホ」には出てると思います。
こっちが標準になってもおかしくないんだけどな。

投稿: aya | 2007/02/28 01:29

ayaさん、コメントありがとうございます。

>シーズーは「…とか言っちゃってマジ受けるー」「ってかヤバクね?」なんつって一方的に自分の話を続ける少し肌の浅黒い女の子達
↑↑↑↑
げらげら。これは、http://www.ohtapro.co.jp/ohta_pro/profile/YanagiharaKanako/" rel="nofollow">柳原可奈子の持ちネタ(http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=147260" rel="nofollow">総武線の中で鏡見ながらしゃべってる小娘の模写)のようなイメージでしょうか?(参考: http://www.youtube.com/results?search_query=yanagihara+kanako" rel="nofollow">yanagihara kanako 検索結果)

>どこが好きなのか考えたのですが上手い説明が見つかりません。
↑↑
最近気づいたことなのですが、プクは、前回のお風呂から10日~2週間経ってそろそろプ~ンとツ~ンと臭くて、毛並みもべったりな感じでモシャモシャのグシャグシャのバサバサになって来た時の方が、街なかで「可愛い」「可愛い」連発されやすくなるのです。お風呂入れたてで私たちとしては精一杯きれいにしたつもりの時はあまり人目を引きません。

つまり、プクが「可愛い!」と言われるのは、普通のシーズーっぽくない時だと思うのです。よそのシーズーはみんなきちんとシャンプーカットセットされてますからね。プクはある意味異様なのです。シーズーかどうかすらもパッと見ではわかってもらえなかったり。ですが、そういう妙ちくりんな時ほど、クッタクタのぬいぐるみ的な‘ほっとけない’オーラが出るのかもしれません。

そしてチビ君の鳴き声に同意していただいて嬉しい限りです。こんど、チビ君がキィキィヒィコヒィコ鳴いてる(というより‘泣いてる’)のを見かけたら動画で押さえておこうと思います。がんばって狙います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: Reine | 2007/02/28 12:42

金曜日、おちごと場のA嬢のところを通りかかったら、「ねえねえ、Reineさん」と呼び止められました。そしてすごく自然に「あのね、プクちゃんはどうしてあんなにブシャイクなんですか?」と質問されたので、「えぇぇぇぇぇぇっ!」と驚いてしまった私です。

「え? ちゃんと写真見てる? ほんとにブチャイクだと思って言ってる? え? ソレ本気で言ってる?」と聞き返したら、爽やかな笑顔で「えぇ、見てますよ。本心ですよ」とのお返事。「えぇぇぇぇぇっ」とまた驚く私。

「私なんて毎日毎日プクちゃんと目が合うたんびに『もー、ほーーーーんとに可愛いねーーーっ』ってトロケちゃってんのに?」「Ummm……もしかすると‘親ばか’かも……」

「えぇぇぇ」「なんかぁ、クシャクシャってなってますよね。グシャグシャっていうか。モジョモジョっていうか」

「私がバリカンで虎刈りしてるだけだからね。美容院連れてったこと無いからね」「あぁ、うん、あれがいいですよね」

「でしょ。たまらないでしょ」「ブサカワですよね」

「え? やっぱり‘ブサ’がつくんだ?」


もうさー、私なんてさー、夜帰宅したら必ず家族に聞くわけよ、「今日は可愛い事件あった?」って。‘可愛い事件’てのは、

1) プクが何か可愛らしいことをしでかした
2) 散歩中によその人に「可愛いですね」って褒められた

の二つを意味します。だって、もう、ほんと可愛いんだから、プク。え? 可愛くないの? ぶちゃいく?

「こんな可愛い顔した子、滅多にいないじゃない!」と私は思ってきていて、遊歩道なんかですれ違う人にニコニコされるのは絶対「可愛い犬ですね」と言いたいのだなと解釈してきたわけだけど、あれは「グシャグシャですね」という笑顔だったんだろうか。


そんなこんなで明けて土曜日。
スペイン人たちと遊びに行った。犬の話になったので、私が携帯の待受にしているプクを見せた(⇒http://picasaweb.google.co.jp/reneyama/2007Jan/photo#5023398663955209042" target="_blank">チビくんといっしょに寝てる写真)

そしたらスペイン人、ゲラッゲラ笑い出して。苦しそうに、「……pero……¡Qué perra más fea tienes! (っつか……ブサイクな犬だな!)」って。

投稿: Reine | 2008/02/10 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: animalitos Feb. 02:

« flores 02 | トップページ | flores 03 »