« fotogénicos | トップページ | hacer la maleta »

2005/05/04

fotogénica

ついでだからプクちゃん(犬)の写真もUPしちゃうね。もう一気に。

レインコート。保護直後(昨12月上旬)に買ったんだが、それから2kg太り、今では胴回りのマジックテープが届かない。
ぷくりんぼう

寒い間はネコ用ペンギンベッドで寝てた
ぷくりんぼう

昨年末。保護してから2回目に洗ったとき。この子はシャンプーとドライヤーが好きなんだなと気づいた。ドライヤーでうっとり。
ぷくりんぼう ぷくりんぼう

少しは綺麗になった
ぷくりんぼう

↑の写真と撮影時刻を比べてみよう。たったの4日でここまでみすぼらしく……
ぷくりんぼう

「ここの毛が邪魔だ」「これが長い」「こっちが長い」…と切っていった結果、別の犬種に……。
ぷくりんぼう

うつろな目が哀しい
ぷくりんぼう

「散髪記念に鏡の前で立っち立っち♥」とか言われてもこの髪形じゃぁ……と不服そうなプク。
ぷくりんぼう

スパイダーマンの目出し帽があった」と、父がヘンテコリンな帽子を持ってきた。
ぷくりんぼう
帽子の頭頂部を切り開いて首を出せる大穴にし、目だし帽の目からは前足を出し、後頭部(プクの背中に来る部分)も切り開いてそこにはファスナーを縫いつけ、さ、さぁ冬服の出来上がりだっっっ……っつってもやはり所在無げなプク。


朝、父が庭いじりをするときに足元でゴロゴロ甘えるのは昔はネネコちゃんの日課だった。ブー子が我が家に来てネネコちゃんを追い出してしまってからはブー子の日課。そして今はプクも参入。父は左手にブー子、右手にプクちゃん。
ぷくりんぼう ぷくりんぼう ぷくりんぼう

そして室内からそれを見つめるマミィ
マミィ

(ここで私がスペインに旅立つ。3月の1ヶ月間、私は家を空けた)

1ヶ月のスペイン旅行から帰って来たら、私のいない間にうまくシャンプーができてなかったようで、なんだか激しくモジャ子になってた。
ぷくりんぼう

これこないだの土曜。暑くて公園のクローバーの上で一休み。
ぷくりんぼう

そして、今回、写真フォルダを整頓してたらやたらとこのアングルのが発掘された。なんでだろう? あれだ、歩いてる時のお尻のプリンプリン具合をおさめたくて撮ってるんだ。でも、どうしてもあのお尻の可愛らしさは写真では伝えられない。
ぷくりんぼう
ど、動画を導入せねば……? なの?

そして、昨日今日と、例の犬バカベビーカーに慣れさせています(後ろから押している私の手元から見下ろす角度で撮った)
ぷくりんぼう
時々落っこちたりするけど、おおむねいい感じ。御機嫌ですよ。キャノピーも調節できるから、ほら、顔に陽が当たらない。ちゃんと後ろの網バッグには給水器とかを入れて歩けます。


ちょっとしたキの字ですよ。さすがの私もこれにプクを乗せて散歩に出かけるのは勇気が要った。すれ違う車の運転手とかがギョッとしてるし、公園のベンチで休んでたおっさんが大急ぎで眼鏡をかけてこっちを凝視してたし。嫌がる母に持たせて撮影。
ぷくりんぼう


私がスペインに行ってた1ヶ月間に体調の回復めざましかった。多飲多尿が無くなった。プクちゃんの様子を見てきて、この時がある種の‘境’でした。これより以前は、つまり2月までは、表情の乏しい子だった。尻尾を振ることも無かったし。喜ぶそぶりとかもほとんど見せてくれなくて。幸せです楽しいですっていう空気が湧いてなかった。

でも、4月からは、明らかに表情と態度が変わったよ。私の顔を見ると尻尾もブルンブルン振るし、散歩行こうかって言うと、4つ足をジタバタさせたり、その辺をクルンクルン転がってみたり、もどかしそうにキャンキャン喜んでる風だ。

我が家で保護されてから3~4ヶ月は、この子もきっとこの子なりにいろんなものと闘ってたんじゃないかと思うのよね。心身ともにいろんなことに耐えてたんじゃないかと。それらから解放されて、やっとはしゃげるようになったんじゃないか。

なんてことをね。想像しますよ。

|

« fotogénicos | トップページ | hacer la maleta »

ペット」カテゴリの記事

perra 犬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: fotogénica:

« fotogénicos | トップページ | hacer la maleta »