« flores 2 | トップページ | flores 3 »

2005/04/28

cafe

秘書としての道に暗雲が立ち込めてるというシリーズですが(←シリーズなのかよ。『To be continued.』かよ)。

昨日はベテランの秘書さんがおやすみの日だったので、私は自力でいろいろやることになりました(※ひとりぼっち出勤はこれでまだ2度目)。


昨日は立て続けに来客があったため、レギュラーコーヒーが底をついてしまった。ので、間隙を縫ってバタバタと買ってきました。しかし、ベテランの秘書さんに聞いておかなかったので、いつもどの銘柄を買ってたんだかがわからなかった。考えてる暇も無かったので、適当に中くらいの値段の2ブランドを買って走って戻った。

戻ったらもう次のお客が来る時刻が迫ってたので大慌てで淹れた。出来上がってカップに注ぐ段になって違和感を覚えた。色がいつもより超ー薄い??? そして、「ハッ」と気づきました。「水の量と粉の量と、根本的に間違ったのではないだろうか」。銘柄が違えばそれぞれの適量も変わってくるんだわなぁ………。いつもの調子でやっちゃったもんだから…。

ちょっと飲んでみた。なんかやっぱり味が薄い??? しばしキッチンに呆然と立ち尽くしていましたが、淹れ直してる時間も無かったため、「どうか飲みませんように……」と祈りながらそのままお出ししてしまいました。

(その一方で、「花粉症で嗅覚がまったく機能していないのできっとそれで私がたまたま味が感じられなくなってるだけだわ、普通の人が飲めばきっとダイジョブなんだわ」と自分に言い聞かせた)
お客さんは最初の十数分は手をつけてなかったのに、先生が「どうぞどうぞ」とか勧めちゃって。たいへん不幸なことにお客さんは飲んじゃってました。


お客さんが帰った後で、コーヒーメーカーの水を入れる部分の容器を持って学生さんたちの部屋に行き、「こんなこと、皆さんにお聞きすることでも無いんですが…」と断りつつ、「この『5』って書いてある線って、『500cc』っていう意味?」と尋ねました。そしたらみんなが、「『5杯』じゃないですか?」「1杯が180だとしたら、900ccってことじゃないですか?」って言うじゃないか。

それに基づいて計算してみたら、私が淹れたのはほとんど無味だったってことが判明したんです。「私、さっきすんげぇマズいコーヒー出しちゃったと思う…」と悄然。

私が間違いに気づいてたことにお客さんも気づいてたと思う。私がキッチンで首をかしげたり眉間に皺を寄せたりクンクンかいだりコッソリすすったりし、「なんかすげぇ薄味…?」といぶかしむサマは、たぶんお客さんも見てたと思うんだよね。不味いってわかってるものをかまわず出したってのがバレバレだったと思う。

あれ、ただの茶色い水だった。

|

« flores 2 | トップページ | flores 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

秘書シリーズ、楽しみにしています♪コーヒーの入れ方って難しいですよね。人によっても好みの濃さとか変ってくるし。ごめんなさい。大笑いさせていただきました(>_

投稿: Sweetie | 2005/04/29 00:51

秘書シリーズというより「暗雲シリーズ」ですわ>Sweetieさん

頑張ります(←これ以上エピソードが増えないように)。……っつっても、続編はあるんだろうなぁ…。

投稿: Reine | 2005/04/29 22:38

(やや)暗雲シリーズ。

大部屋に陳列する用の、学生さんたちが定期購読する用の雑誌群にはラベルシールを貼ってるのね。「○○科」というハンコを押したラベルシール。

私がハンコを押すとこまで用意して、‘書籍係さん’の学生さんに渡しておいてあげるの。そうするとその子が、シールの余白に「5月号」「5・20号」などと書き込んで、雑誌に貼って、本棚に並べる、という手順。

ベテランの秘書さんに、「このラベルシールはけっこう早く無くなっちゃうので、こまめに購入して、ハンコを押して、欠かすことの無いように‘書籍係さん’に渡しておいてあげてね」と言われてた。

私は、「切らしちゃマズい」「切らしちゃマズい」という気持ちが強く、また、まだまだあらゆる仕事に不慣れなものですから指示待ちの時間が頻繁に生じるので、そういう合間合間にしょっちゅうしょっちゅうラベルシールを作成していたのです。

ガンガン購入してきてはズンズンはんこを押して、‘書籍係さん’にドサドサ渡していた。

そしたら……えぇ…もうおわかりでしょ……。

学生さんの一人に廊下で呼び止められ、「あのぉ……定期購読の雑誌のラベルシールなんですけど……あれは……reneyemaさんが???」と言いにくそうに訊かれた。

「あ! 足りない? 作ります、作ります」と慌てて答えたら、「いえっ、あのっ、も、もう要らないっ……」って言われちゃった。「すんごいたくさん渡されたって、‘書籍係’ の子が動揺しちゃってるんです……」って。

ど、動揺……してたか。

投稿: Reine | 2005/05/20 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407075/6501544

この記事へのトラックバック一覧です: cafe:

« flores 2 | トップページ | flores 3 »