« informe 報告書 | トップページ | masaje »

2004/06/26

palma 掌

我々がのうのうと暮らしているこの社会の秩序と平和を、日々身命を賭して護っている友人と呑んだ。ある事柄についてちょっと訊いてみた、前に聞きかじって以来気になっていたの:

「敬礼んときってさ、『掌(たなごころ)は前』なんだよね?」

友人はひゃっぴひゃっぴ笑い出し、「『たなごころ』ってすっごい久々に聞きました」って。そして、「でも、えぇ、そうなんですよ」。


「それって、そういう風に研修とかでも習うの? 入ってすぐの研修とかで」
「習いますね」
「実技じゃなくて座学の時点で?」
「たぶん、要綱(※典範っつったかなぁ; 記憶曖昧)みたいのにも載ってると思うんですよ」

「ほんとに『たなごころは前』という表現で習うの?」
「そういう風に言われるんですよ」
「敬礼の姿勢も練習するの?」
「しますよ。で、直されるんです、『たなごころは前』って」

「TVとかで敬礼してるシーン見ててさ、すんごい間違ってるからさ、そのたんびにレネ山、『たなごころは前』って呟いてました(敬礼する)」
「あ、そこまで(たなごころを)見せなくていいんです」
「あ、これじゃダメなんだ?…こう…(苦戦するレネ山)」
「もうちょい……そう……あ、そこです、そんな感じ」

「手のひらが前方上空に向かう角度が45度じゃぁ無いんだな」
「45度だと見せすぎって怒られますね」
「35~40度……って感じ……かな」
「それで、肘は水平です」

「ちょっとやってみてくれる?」
「えっ?」
「デジカメ持ってきたから」
「えっ、えっええぇぇっ? や、やるんですか?」

「ちょっとやって♥」
「えぇぇぇぇ、こ、ここで、ですか?」
(※おされエリアのおされなアジアンなお店でお食事中だった)


やっていただきました。

肘が水平
たなごころは前

指先を帽子のつばに合わせるようにするのがコツらしい
たなごころは前

見せすぎてないでしょ?
たなごころは前


「悪い例も撮っておこう」「えっ」

「見せすぎ」っつって直されるんだそうです
たなごころは前

こないだサスペンスを見ててレネ山が「なんだ、その敬礼は!」とカンカンだったのがこのポーズ
たなごころは前

「こういう人もいましたよ。直されてました」
たなごころは前


いいタナゴコロをありがとう、友よ。

|

« informe 報告書 | トップページ | masaje »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407075/6501514

この記事へのトラックバック一覧です: palma 掌:

« informe 報告書 | トップページ | masaje »